Otoia

独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業

「誰でも共に働く」協同労働による就労支援事業

健康上の問題、人との関係がうまく取れないなど生きにくさを抱えた若者が、生きていくために必要な生活技術~掃除・洗濯・栄養を考えて食べることなど~を学び、さらに働くことの基本的なマナーを身に着けられるよう講座・演習を行います。そのうえで「社会参加・中間的就労・就労する」するために職場体験実習を行い、その後は就労相談も行い伴走支援していく事業です。

[趣旨]
雇用の社会が厳しくなり、本人の希望・能力に応じた働き場が少なくなっている一方、雇用関係でない当事者性を尊重した働き場をつくってきた協同労働の現場では、生きにくさを抱えた若者たちが意欲的に働いている実態があります。しかし、協同労働をしている単体の団体だけでは多様な若者たちのニーズに応えきれない。そのため、協同労働の団体が連携・ネットワークすることによって受け皿も多様につくることができます。この事業は連携団体で実行委員会を形成して行いました。

Button Jiritsu
Button Shurou
Button Goudou
Scroll Up